NPO法人『労働相談センター』
NPO法人とは( 特定非営利活動法人 )です 「相談無料」「秘密厳守」

本で読む『過労死 労働災害』自己防衛に役立ちます

          

カスタム検索


2011年03月25日

被爆治療 東海村JCO臨界事故 人は愚かである

人は愚かです。

大人であれば臨界事故当時の切迫した状況を
テレビで新聞で見聞きしてご存知の筈。

http://www8.plala.or.jp/grasia/dokushyo/JCO/Hibaku2.pdf 
被爆治療83日間の記録NHK取材班 (岩波書店)

既知の事故から早10年以上が経過し、事故の風化もあります。

放射能と言う言葉に恐怖を当時感じました。

もし亡くなられた作業員の大内篠原両氏がご存命だったなら
今回の二次災害被爆事故をどんな風に思うのでしょう。

事故当時の作業をされた方のうちただお一人
横川豊氏はご存命であると思われます。

当時一番被爆が軽く一時危うい病状になるも
回復されました。

今回東北地震の二次的災害に見舞われた福島原発事故は
正に人知の及ばない事に手を出した愚かな人間の不始末です。

放射線皮膚損傷の治療

JCO臨界事故で被曝により亡くなられた両氏の
事故後の壮絶な闘病状況や危険性を十分認識して
先の経験を今後に生かす努力をしていれば
『作業員は丈の短い靴で水に入り、足がぬれたという』
こんな幼稚園児が水溜りで水遊びしたような無様な被爆は
起こりえないと思うのです。

認識の甘さゆえです。

決死の作業で被爆したとは到底考えられない被爆です。

人も原発も既に制御不能なのでしょうか。

被爆された作業員の方のご回復を心よりお祈りいたします。

それと共に事故が残念でなりません。

posted by ひとり言 at 01:49 | Comment(0) | 労働環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。